ショッピングに戻る

腹掛けの着方

1.腹掛けは、買った時には裏を表にしてたたんであるので、必ず裏表を確かめる。ポケットのついているほうが表。

2.イラストのように、まず頭を通す。この要領は、エプロンの着方と同じ。

3. 頭を通したら、左右のわき下の部分を、イラストのように広げ、少し引っぱって衿もともなじませる。

4.このイラストは、手を通している状態。両手を通したら、下の部分を強く引っぱりフィットさせる。首のあき具合もここで調整するのだが、これは少しつまり気味にするのがコツ。

5.調整が終わったら、左右のひもをうしろにまわし、引っぱりながら交差させる。

6.ひもを結ぶ位置は、だいたいウエストのあたり。結び目が気になる人は、左右のひもを着物の腰ひものようにねじってたくしこむ。

7.ひもを結び終わったら、前掛けをもとに戻す。そして、もう一度首まわりの開き具合をチェックする。開きすぎは、“馬づら”と呼ばれるので、絶対に避けたい。

完成!

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。中川株式会社
Copyright 2011 NAKAGAWA Corporation All right reserved. No reproduction or republication without written permission.